雑記2・らくだ工務店第18回公演「カラスの歩く速さ」

4/20に下北沢駅前劇場に芝居を観にいきました。
らくだ工務店の「カラスの歩く速さ」です。
役者陣の演技力が素晴らしかったですね。
マンガ夜話でおなじみ笹峰愛さんも出てました。
ただ、ひさびさの観劇だったので、駅前劇場のイスでお尻が痛かったです。

突然の来訪者

久しぶりに我らが船長マツムラさんから電話。
前の舞台のビデオが欲しいとのことで、夕方、ウチに来る。


ダビングの間、二人で池ノ上の定食屋に行く。
新しい店を教えてもらった。
また家に戻ってからも酒を呑んだ。
苦い思い出の残る巨大な焼酎のペットボトルをマツムラさんと二人で空けるとは、なかなか意義深いものがある。
(舞台の打ち上げで調子に乗って注文しまくったあげく、会計がとんでもない値段になってしまった時にもらってきた余りの焼酎だったのだ)
これは明日への活力としたい。

更新止めていた間にあった出来事

8/31
たま氏と打ち合わせ。
文学フリマで自分らの本を作るための相談。
遊藝団始動、という感じ。


9/2
ミクシィに誘われる。
とりあえず友人の日記とかを見る目的で参入。
でも、その後けっこう放置。
というか日記を外部でココに設定してしまっているし。


9/9は……

更新してない間にあった出来事

えーと、8月13日に横浜のドックヤードガーデンに芝居を見にいきました。
「島プロジェクト第四弾 『夏の夜の夢』inドックヤードガーデン」です。
ドックヤードガーデンというのはドックを改造したイベントスペースで、野外なわけです。
で、開演直前に雷とともに物凄い夕立が降り始めまして、当然、開演時間が延期に。
ホントに公演自体が危ぶまれたのですが結局一時間半の順延で無事に開始。
私はその間に一緒に行った仲間とビアホールに入ってメートルあがってましたが。
舞台自体もかなりよかったです。
島プロジェクトも第四弾になって、言ってみれば首都圏凱旋公演ですから、いい役者を揃えた布陣になっていました。
アルコール入れちゃったから寝るかもなんて言ってましたが、とんでもなかったですね。
見応えあった!
そういえば、みなとみらい線、はじめて乗ったな。


あと、コミケ、三日目14日に行きました。
ここ数年は二日目も行ってたんですが、前述の演劇の為に今年は見送りました。
知り合いのブースを回ったりしつつ、例によって安倍吉俊の本を買ったり。
その後はコミケでしか顔を合わせる機会のない感じの友人たちと飲み会でした。
なんか色々面白かった。

舞台『オールナイト・カフェ』終演

打ち上げとかなんか色々あってここの更新できませんでしたが、18日に無事、楽日を迎えました。
プレビュー含めて6回の公演でのべ420人以上の方が訪れてくれました。


なんとはてなで感想を書いてくれている方もいます。
http://d.hatena.ne.jp/drk2718/20050717#p5
ありがとうございます。
というかid:drk2718さんは私の兄のお知り合いですね。


ところで今回の舞台は、望月倫彦・清末浩平・松村隆司の協同脚本という形でクレジットされていますが、松村さんと私が原案というか全体のストーリー構成、さらに私が前半と後半の脚本、清末くんが中盤の脚本を担当という分担になっていました。
友人には私が中盤の脚本を書いたと思っている人もいたみたいですが、それは逆です。


次回作はどうなるかわかりませんが、松村さんには構想があるみたいです。
なにはともあれ、無事に公演を終えられたことが嬉しいです。
色んな人と知り合いになれたのも良かった。
協力してくれた皆さん、劇を見に来てくれた皆さんに感謝します。